カテゴリー「ファンタジー」の記事

2007年10月26日 (金)

<本の姫>は謳う1:多崎礼

遥か昔、天使達が『文字の精霊』達の力を用い、空に島を浮かべ楽園を築いたが、『滅日(ホロビ)』の一夜にして滅んだという伝説を持つソリアディス大陸。
本の修繕屋の少年アンガスは、大陸に散在する天使の遺跡を巡り、『滅日』の一夜にして散らばった世界を蝕む存在『文字(スペル)』の回収を<本の姫>と共に行っていた。
遺跡の発掘中に救った少女から『文字(スペル)』の気配を感じたアンガスは、<本の姫>と共に彼女の身元を探る旅に出る。

『煌夜祭』の多崎礼が贈る長編ファンタジー第1巻。

続きを読む "<本の姫>は謳う1:多崎礼"

|