« 現代萌衛星図鑑、世界天文年2009日本委員会公認書籍に | トップページ | 失敗 »

2009年6月14日 (日)

だまし絵展(渋谷Bunkamura)

いってきました。

【展示品リスト】

一応、会期初めての週末ってことで、閉館一時間半前を狙ったんですが。
人多かったです。並ばずに入れたんですが。
結構カップルも子供づれも目に付きました。

全体としての印象は、こじんまりといい感じにまとまっていると感じました。
あと、あえて「だまし絵」として日本画もいれて、東西の対比が見れたのが面白かったです。

日本のは、やっぱり歌川国芳、広重がすごい!!
見てて楽しかったですね。宴会芸アンチョコ(^^)

絵画としての完成度で目をひいたのは、河鍋暁斎。
別枠かな、この人は。
「幽霊図」「閻魔と地獄太夫図」を見てきたんですが、淡い色彩の日本画でありながら、ずずっと目を持ってかれる感覚を受けました。

しかし、やっぱりだまし絵は西の方がすごい。
見る方向を変えることによって、浮かび上がる人物が変わるパウルス・ロイ「ルドルフ2世、マクシミリアン2世、フェルディナント1世の三重肖像画」。
ガラスの花瓶に生けられた、透明感のある百合の花弁は手にとって触れそうなヤーコプ・マーレル「花瓶の花」
現物が前にあるようにしか見えないヨハン・ゲオルク・ヒンツ「珍品奇物の棚」とか見ていても、ものすごく面白いです。

ただ、ちょっと気になったのはヴァニタス(虚栄)についての説明が少なかったことですかね。
ジャン・エモウ「洋服ブラシとヴァニタスの静物画」なんですが、これ中に描かれているものが何を暗喩しているか説明があるとよかったなー。
今回はメインの題材じゃないから仕方ないか。

後、20世紀の巨匠陣ですが、やっぱりすごいです。
エッシャーは見覚えのあるラインナップだったんで、軽く流して見たのですが。
サルバトール・ダリの2作、特に「スルバランの頭蓋骨」に持ってかれました。
まず存在感がとても異質。金の色彩を主体に持つ絵がないにしろ、凄まじく力がある。
精緻に祈る修道僧とホールを描いているのに、少し視点の焦点をずらすと見えてくる頭蓋骨、そして僧達は別のものに変容する。
それゆえに、静謐なのに聖性ではない「何か」を見ているものに感じさせました。

後、ルネ・マグリット。
こちらもよく見知ったラインナップだったんですが。
一作、初めて見て、「心の琴線」並に気に入った作品に出会いました。
「望遠鏡」。
両開きの窓扉。
窓の外は晴天。
だが窓越しに見えるはずの空は、一方の半開きの窓に貼りつき、隙間からのぞくのは虚空の闇。
すごく深い、哲学的暗喩。
もともと、映像で語るすごく好きな画家だったんですが、またこの一枚で惚れ直しました。
この作品と出会えただけでも、行った甲斐がありました。

そして、最後の最後にとんでもない作品がありました。
パトリック・ヒューズ「水の都」。
完全にだまされた。どう見ても立体にしか見えなかった。
判ってしまえば、納得するんですけど。
これに関しては、ぜひ、現物を見ていただきたいですね。

今日は図録買わなかったんですけど、今回はかなり悩みました。
内容も悪くなかったし、リストを見ていただけると判ると思いますが、結構期間中で入れ替えがあるんですよ。
様子を見て、また行こうかと思います。
興味がある方はぜひ、行ってみてください。

ただひとつ、問題は。
すいてる期間と時間が見当がつかないということですね。


|

« 現代萌衛星図鑑、世界天文年2009日本委員会公認書籍に | トップページ | 失敗 »