« I am what I am. | トップページ | 宅急便受け取り損ねた »

2007年12月18日 (火)

明後日はゲネプロ

ですね、ラルクさん。盛り上がってきてますねー。
残念ながら、仕事を取って、ゲネプロは申し込まなかったんですが(そのため、意地でも22,23は欲しかった!)

で、特設サイトも開設されたということでちょーっと見に行ってきましたが。
皆さんからのブーイングのわけがわかりました。
あのサイト重いよ、すっごく。
ふじわらの環境は、ラインは光、マシンはペンティアム4の3.2Mhzでメモリ3G積んでる結構いい環境ですのでさくさく動くんですが、見るからに画像とか処理が重そうなのつかってて、ADSLとかOSが前の世代でマシンスペックがあまりよろしくない場合は相当泣きを見そうだと思いました。

従来、開発って言うのは、使用者の環境スペックを考慮して作成するんですが、あんまり考えてないと見た。
もうすこしファンに優しくしてあげてくださいよ、FCさん。
ま、どう更新されるか、折を見て、のぞこうかと思ってます。

話は変わって、このミス。
ざーっとランキングだけ見てみたんですが、ランキングに「マルドゥック・ヴェロシティ」が入っていたのには驚きましたよ。
やー、確かにアレは謎解きだし、探偵小説と言えなくもないけど。
うーん、あれはやっぱりミステリーよりSFだと思う。
いい作品ではあります。

あ、冲方さんの作品といえば一点すっごく気になることがある。
「スプライト・シュピーゲル」でタバスコがたっぷり入った紅茶の描写で「赤い油の浮いた」という表現を使われてるんですが。
原材料はタバスコペッパー、岩塩、穀物酢なので、油分はまったくないから「油の浮いた」という表現は違うと思う……
「赤い油の浮く」のは、同じ唐辛子を使った「ラー油」。(唐辛子を植物油いれて作成)

「シュバリエ」の原作者で調べるべきところは調べて書かれてると思うんですが、料理関係は範疇外なんでしょうかね?
一巻から読んで、訂正がないのですごく気になってるんですが。
未来のタバスコが油いりというのであれば、仕方ないけれど。

まとまりありませんが、本日はこれで。
とうとうエアコンの暖房をつけた、ふじわらでした。
(でも、まだ通勤時コートは着てないぞ!!)

|

« I am what I am. | トップページ | 宅急便受け取り損ねた »