« Romance&Violence | トップページ | 渋谷デパチカイートインワインバーにて »

2007年11月11日 (日)

アガサ・クリスティーの晩餐会【本】

今日、図書館に行って九条さんの本を借りてくるついでに目についたので借りてきました。


実は食を楽しんだ作家でもあるアガサ・クリスティーの小説に出てきた料理のレシピ本です。
これ、ちゃんと早川書房が出してるんですよー。
ちゃんと、最初に注として「レシピから毒気はぬいてあります」と書いてあるところがナイス!
で、ちょっとぱららぱらとめくってちょっと引いてます。

や、美味しいそうな写真とか、小説との関係とかいろいろ書いてて、読み物としてもすごく面白そうなんですが。

一つ、大問題。
これ、レシピのとおりに作ったら、すっさまじいカロリーの料理がずらりと並ぶことになります(^^;

まあ、クリスティが生きたときの食料事情とかあるでしょうがー(^^;
バターはカロリーハーフのマーガリン、砂糖はダイエットシュガー、生クリームは植物性かローカロリーのもので代用すればカロリーは落とせるけど。

やっぱり、一度はレシピのまんまで作ってみて風味も含めて堪能してみたいかもです。
クロテッド・クリームとかデヴォンシャー・クリームはやっぱり風味が違いますから。
買うかどうかは、じっくり中見てからからですね。

しかし、デヴォンシャー・クリーム入りミルクを好んで飲んでいたんですか、クリスティーは。
……やっぱり創作ってカロリー使うんですね(^^;
でも、胸焼けしそうだー。

|

« Romance&Violence | トップページ | 渋谷デパチカイートインワインバーにて »