« 安物買いの銭失い(続編) | トップページ | 仕切り直し »

2007年5月11日 (金)

安物買いの(続々編)

本日は、CDレンタル半額セールで借りにいって、調べて探してもらったら、1枚は、探してる間に隣の人がレンタル、もう一枚は未発見(誰かレンタルしようと持ってるか万引きされたか、行方不明かのいずれか)というオチ。

結局借りられずに、一時間近くレンタルやさんで時間を食ってしまいました。
おかげで夕飯が遅くなりました。
まあ、待ってる間に、気になっていた竹宮恵子さんの『地球へ』の一巻、ほとんど読み終わったので、食べ物の恨みだけにしておきます(←オイ)。
しかし、いい加減この安物買いシリーズ、今回でピリオドになって欲しいです(--;

なんで、気になっていたかといいますと、今書いている話と題材がかなーり似ているからなんですね。
書いてる本人が不安になるぐらい。しかし、古い作品でうろ覚えだったんで、一念発起で買って読んでみたんですが、全然大丈夫でした。もう、テイストも方向性も全然違いすぎます。
それにしても、さすが名作!
絵が古臭いのは仕方ないとして、ものすごい内容の密度と詰め込み具合ですよ。
本当に一台詞、ひとコマたりとも見落とせない、気が抜けない。
これはやっぱり一度全部読んでおきたいかもなー。続きも買いそうな気がします。

本日、あわせて紺野キタさんの「Dark seed」の2巻と「金色のコルダ」3巻(結局買ってる(^^;)を買って読んだんですが、密度と世界の差にくらくらしました。
でも、どの作品も好きな作家さんなので、楽しませていただきました。
さあて! シャワー浴びて、明日の朝の仕込みをしたら、軽く書く予定です。
とりあえず、持ってないものを嘆いても仕方ないので、自分の持ってるものでベストを尽くします。
似たような台詞を、「Dark seed」のキャラが言っていたんですけど、やっぱりこれは、至言だと思いますよ。

|

« 安物買いの銭失い(続編) | トップページ | 仕切り直し »