« 大脱力 | トップページ | 春本番? »

2007年3月 4日 (日)

『SPIN OFF from TM 2007』【ネタばれ】

ってことで行ってきました、Zepp Tokyo!

ネタばれありなので、OKの方だけ続きをお願いします。

見渡す限り平均年齢の高いライブでした。
ラルクと平均年齢10歳以上違うんじゃない?

木根さんも「17~18年前?」とか話が出るぐらいだから……そうなるでしょうなあ(^^;

しかし、毎回メンバー各自のソロ有、信じられないほどトークあり、そしてそのトークのほんわかさ(木根さんが主成分)と面白さで、毎回毎回笑いすぎて、頭が痛くなって窒息寸前になるのはすごいです。
あー、こんなに笑ったの、前回のライブ(2年前)ぶりかも。
こんなに笑ったの。やっぱり良いです。キネウツコンビ。

で、やった曲は下記のとおり。
2曲ほど、最近の曲があってわからないのがありました。
順不同。

●金曜日のライオン (Take it to the lucky)
●DRAGON THE FESTIVAL
●Here,There & Everywhere (冬の神話)
●雨に誓って ~SAINT RAIN~
(だと思うおそらく自信ない(^^;)
●CHILDREN OF THE NEW CENTURY
●BE TOGETHER
●Self Control (方舟に曳かれて)
●Chase In Labyrinth(闇のラビリンス)
●Just One Victory (たったひとつの勝利)
●Love Train
●We love the Earth
各自のソロは以下のとおり。
●オフレコ(阿部さんソロ)
●君への道(キネさんソロ)
?(大ちゃんソロ)
●Dawn Moon(ウツソロ。大ちゃんの曲)
?ギターソロ(葛城さんソロ)
●Get wild

でした。
やっぱ、生はいいです。
ただ、スピーカーに結構近かったせいか、耳がちょっとやられぎみです。
今日は、ゆっくり休みます。

個人的には、分からなかった曲(おそらく最近の曲でEXPO以降)も良かったです。
特に気に入ったのは、ウツソロの「DAWN MOON」
曲も歌詞もいいなーと思ったら、大ちゃん&井上秋緒さんというゴールデンコンビでしたよ!
T.M.Revolutionの作詞作曲コンビの曲をウツが歌うという、豪華な曲でした。
そりゃーいいわけだ。
入手検討しまーす。

それにしても、お金が動かせるようになってから見に行くとたちが悪いです。
DVDとか当時もてなかったCDとか、買いたくなっちゃうじゃないですか。
と、とりあえずは、レンタルで入手! いま半額セールなので思う存分借りてきます。

とりあえず、代金の元は十二分に取れた、ライブでした。

あと個人的に、偶然だったにせよ、すごく嬉しいことがありました。
ふじわらが編集した高校の部活の作品集の巻頭に選んだ言葉を、木根さんが新アルバムのチラシのまとめに使われてたんですよ。(魯迅の「故郷」からの一節ですごく有名ですが)
もう50歳に近い、すごく大人で(ある意味ね)実績のある人が、当時の自分と同じ思いで作品を作って、そして同じ言葉が好きだという。

最近、結構仕事とか小説のこととかプライベートのこととかでぐしゃぐしゃしている自分には、ちょっと救われたような「雲間からの光」みたいな感じでした。
……こういう偶然も含めて、いろんなものを与えてくれるから。
だから、「ライブ」通いは止められないんですよね(苦笑)

というわけで、よい「ライブ初め」だったと思ってます。
ここ、3年ぐらいは控えていたのですが、今年はどうなるかな。
まあ、いろいろ兼ね合いを見ながら楽しんで行きたいと思います。

|

« 大脱力 | トップページ | 春本番? »