« 最大は愛媛、最小は函館 | トップページ | で○子ちゃんとの戦い »

2006年12月 2日 (土)

当たり役

TSUT○YAのDVDレンタルが半額期間で、「幕末機関説いろはにほへと」のOPテーマシングルがあったので、その他気になっていた作品共々まとめて借りてきました(^^)

で、その際、アニメのみならず邦画、洋画も見てきたんですが、ちょうど「犬神家の一族」公開にあわせて、
市川崑監督、石坂浩二さんが金田一役の横溝作品特集が組まれてたんですよね。
久々に見たくなりましたよ。
しかし、金田一役といえば、いろいろな俳優さんがやって賛否両論の出ている役。
ふじわら的には、やっぱり石坂浩二さん、古谷一行さんが2大ですね。どっちも好きだもの。

そんなこんなで帰宅して、日参しているブログから、Gacketの上杉謙信役の姿の写真を見てきたんですが……見た瞬間、あまりに怪しく美しすぎて「魔界転生の天草四郎もやってくんないかなー」とか思ってしまいましたよ。
映画とかみてないので、演技の評価はできませんが雰囲気的にはとっても十分でしたから。

役者さんにとっての「当たり役」っていうのは、その演じた役柄その人のように素晴らしかったという嬉しい評価でもあり、その後、そのイメージが付きまとうというリスクもある諸刃の剣的要素のあるものですが。
観客としては、それだけ素晴らしい演技を見せてもらえると感服してしまうものです。
今回の冬の賞与は予想より若干ゆとりがあったので、スケジュールを調整して、久々に劇場に足を向けようか考えてます。
でも、余裕あるかなー。

|

« 最大は愛媛、最小は函館 | トップページ | で○子ちゃんとの戦い »