« やわらか戦車 | トップページ | アゲハ蝶 »

2006年10月16日 (月)

『静かな時間』

札を崩しに買い物に出た昼休み。
いつものごとく書店によって。

ふと、視線が吸い寄せられた本があった。
雪の中、凍てつく樹木が一本、すっと立っている白い写真。
あの人かな?
と思ったら、案の定だった。

撮影者は高橋真澄さん。
富良野や美瑛を中心に取られている写真家だ。
10年以上前、友人から写真集をもらってから、ずっとさりげなく、気がついたら見ている。
この人の取る風景-特に光や風、水の美しさが好きで、ついつい見入ってしまうのだ。

今日も、「ちょっとだけ」と思いつつも、視線が釘付けになり、あやうく昼休みをオーバーしかけた。
本当に題名そのままに、静謐な時間を閉じ込めたような写真集。
つれて帰りたいけれど、状態的に無理なので、「縁があったらまたね」と、しぶしぶディスプレイに戻した。
本当に縁があったら連れて帰って、そして、現地でその『光』を肉眼で見てみたい。

※友人に聞いたところ、ダイヤモンドダスト見に行くのはちょっと命がけっぽいですが(^^;

|

« やわらか戦車 | トップページ | アゲハ蝶 »