« 週刊誌への誘い | トップページ | 日々の楽しみ »

2006年10月31日 (火)

中公C☆ノベルズ

最近のライトノベルズ(っていうのには語弊があるかなー)では、コンスタントに良品を出してくれて非常に嬉しいです。
個人的には、今一番注目のレーベルですね。
昨日も書きました多崎礼の「煌夜祭」は読了したのですが。
やー、こうきましたか! うん。悪くない。というか個人的にはかなーりのヒット! 次の作品が楽しみですよ。
図書館読みだったんだけど、この人は、購入したいなあ……来月の予算調整しようかな。
できれば、「ふじわら’s Bookshelf」に書評を書きたいくらいだけど……できるかな?
そんなこんなで、非常に気持ちのいい読了でした(^^)
で、現在は予告どおり、「マルドゥック・スクランブル」ですが。
ちょうど朝の通勤で開始したのですが、前読んでいた作品との空気の重さの違いに唖然。ちょっと重力の感覚がゆがむような感じでしたよ。
やっぱり、小説ってすごい。
端っこでもいいから、自分の道をしっかり進んで書いてきたいものです。

|

« 週刊誌への誘い | トップページ | 日々の楽しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153889/12507257

この記事へのトラックバック一覧です: 中公C☆ノベルズ:

« 週刊誌への誘い | トップページ | 日々の楽しみ »