« 早すぎる | トップページ | 雨と夢のあとに »

2006年8月11日 (金)

流れるべき方へ

嫌な事があっても、それに帳尻が合う分だけの『何か』をきっともらってるんだろうな、と思うことがあります。

ことの起こりは、帰宅して明日の予定を立てていたときのこと。

以前、こちらで書きました通り、明日は法事で、実家に帰省、でもすっごく行きたいイベントが東京であります。

で、どうやって両方行こうかと交通手段をネットで調べつつ、回りたい所をチェックしていたのですが。

・本日、大本命が3日間中の初日であることが発覚。
・明日、目当ての所は別手段で、ほしいもののGetが可能。
・会いたい友人は、都合で早くあがるため、どうあがいてもすれ違う可能性が高い。
……と、体力、時間、金銭を費やして行くだけのうまみがなくなってしまったんですね。

連絡してきた両親も、『ゆっくり食事ぐらいできない?』といってきていたので、流れ的に『イベントには行かない』という判断が正解なんだろうなー、ということで決断。

さみしくお友達のブログで絶賛していた劇団の予約状況をチェックに行きました。
……お盆だっていうのがラッキーだったんでしょうか。
常に土日SOLDOUTの人気劇団だったのに、明日の夜の部のチケットを販売してましたよ。
のんびりお昼を食べて戻ってきて一休みしたら、ちょうど良いぐらいの時間。

えーと、これは『こっちにこい!』って、事なんですかね(^^;
とりあえず、明日、体調や家事の進行状況を見て、行けそうだったら駆け込んでみようかと思います。


|

« 早すぎる | トップページ | 雨と夢のあとに »